プロフィール

のり

Author: のり
大阪で夫・娘(2歳)・猫のルビー(♀14歳・牛模様)と暮らしています。ネル(♂茶トラ白)は享年14歳で2011年10月天国へ行きました。
●猫専門ショップ&コンテンツ
→「ねこねこフェリス
→「ねこフェリの猫のお部屋
-Web Master only-


日めくり・ねこ時計


動物虐待への対策強化請願

動物虐待への対策強化を求める請願

最近の記事


ブログ内検索


RSSフィード


お問い合わせ

名前: メール: 件名: 本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、祝日。
映画トゥモロー・ワールド」を旦那と見に行ってきた。

結果は、ダメ


!!以下、ネタバレあり!!


宣伝に騙されたような気がする。
SFっぽかったのにな、宣伝。違うんだもん

結果は、戦闘シーンは、迫力があったと思う。
でも、内容は・・・私と旦那は、ダメ!だった。

話の前後が欠落しているように思った。
勝手に想像しろという感じで、現代の私たちに警告を発しているのか?

なんで人間の生殖能力がなくなったのか?
子供がいなくなったのか?
なぜ、そういう時代に赤ちゃんが突然出来たのか?

宣伝で勝手に想像したストーリーは、そのなぞを追いかけたり、オチがあるのかと思ってたけど、全然違った

なぜ、生殖能力がなくなったのか?
現代人は未来のためにそれを考えるべきじゃないのか?
・・・と問いたいのか?

確かに、結婚しない人は増えたし、結婚してても子供を生まない人、不妊の人が増えた。

私も子供を生んでいない一人。

この映画は、そういう人には、耳がいたいものかも。
ちょっと私は見終わってから不愉快な気分が残った。
過剰反応しているのかも知れないが・・・

環境や食生活などからも、子供ができにくい傾向になっている女性が多いと思う。

そういったことに対する警告があるのかな?
このままだと、未来はこうなっちゃいまっせーって。

しかし、誰もが思い通りの生き方ができるわけじゃない。
結婚したくても、良い出会いがない。
子供を生みたくても、いろいろな理由(不妊、金銭問題、仕事、年齢)で生めない。

そもそも子供を生みたいと思えない場合もある。
心配しすぎなのだと思うが、そう思わせる社会なのだ。


・・・と、映画を観て結局いろいろ考えさせられた私。
良くなかったと言いつつ、製作者の意図通りになってしまっているかも知れない


あ、そうだ、書き忘れで、修正・・・

ちゃんがちらほら出てきました。
最初のほうに出てくる、オッサン顔のおおっきなは良いですねぇ~
旦那と思わず「オッサン顔だ」とささやきあいました。




テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 映画 トゥモロー・ワールド

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ブログのトップページ | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。