プロフィール

のり

Author: のり
大阪で夫・娘(2歳)・猫のルビー(♀14歳・牛模様)と暮らしています。ネル(♂茶トラ白)は享年14歳で2011年10月天国へ行きました。
●猫専門ショップ&コンテンツ
→「ねこねこフェリス
→「ねこフェリの猫のお部屋
-Web Master only-


日めくり・ねこ時計


動物虐待への対策強化請願

動物虐待への対策強化を求める請願

最近の記事


ブログ内検索


RSSフィード


お問い合わせ

名前: メール: 件名: 本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルビーボス!犯人ねずねずの居所をつきとめました!


何でしょっぴいてこなかったの?!


実は・・・隙間に入って捕まえられなかった・・・

追い詰めすぎたな(・ω・;)

なんで、のりを連れて行かなかったの?!もう逃げているかも知んないわよっ!!


すいません。(しょぼん)・・・てか、ボスの部屋狭いな・・・

ボスの部屋:幅10cmちょっと

しょうがない、私も行くしかないわ。<つづく>

ゆさんの発言から、始まりました「太陽にほえろ 第1話」でした。

話は変わりますが、信号に関する疑問。
取り付け位置のおかしい信号機があります。
赤なので停止線で止まったら、信号機が見えなくなるんです。
停止線と信号機が近すぎるんです。
フロントガラスからちょっとしゃがんで上を見上げないと見えないんです(- -;)
他には、ほとんど車などが通らないのに、やたらと赤が続く信号。
どんな交通量を想定してたんだろ??

にほんブログ村 猫ブログへ FC2ブログランキング

テーマ : - ジャンル : ペット

タグ : 太陽にほえろ

コメント

おお、とうとう始まりましたね~(*´▽`*)
ボス。カッコイイ~~~!
大分狭い所にいらっしゃるようですけれど(。・w・。 ) ププッ
ネルさんのしょんぼりした感じが夕日(?)をあびて
何だかいい感じです~。
ルビーさんの睨みも最高っす(*´ω`*)
続きが楽しみ~♪

★はなまるさんへ

ボスの部屋、すごく狭いですよね(^^;)
それでも居心地が良いそうです。
上司に叱られるとしょんぼりしますが、力になってくれる上司はイイですね。
つづきをお楽しみに(^0^)ノ

にゃんこ漫画(実写)が可愛いので毎記事拝見してます。

道路に付加されてる標識類って時々「インチキ~!」って叫びたくなるモノがあります。
おいらが良く通過する信号機には停止線ではフロントガラス越しでは絶対確認出来なくて、サンルーフのガラス越しに確認する場所に据え付けられているモノがあります。
(普通の運転者は対向車の仕草か、後続車のクラクションorパッシングで判断〔笑&危険〕します)

おっ、「太陽にほえろ」始まりましたね♪
やっぱルビーボスは迫力あるな~(^^;
ブラインド越しの睨みに、部下のネルくんも萎縮してしまうのでは(笑)
ふふふ、幅10センチのボス部屋、快適というよりかは挟まってる感がするのは気のせい?
事件急展開でボスも出動!ってなっても
あれ?出られない…ってならないように気をつけてね(笑)
ちゃんと停止線で止まると見えなくなる信号…なんでやねん!て突っ込みいれたくなりますね(笑)
確かに無駄に赤信号が長い交差点、関東にもありますよ
絶対時間の設定ミスだと思うんだけど、何かの思惑があるのかな(^^;
まったくもって意味わかんなぁ~いです(笑)

★通りがかりのネコですが。。。 さんへ

ありがとうございます(^^)/
サンルーフのガラス越しに見なくちゃならない信号機ってますますおかしいですね!
対向車、クラクションで判断するしかないですよね。
私も対向車が出てきてから判断してゆるゆる走り出すことがあります。
特に大阪なんて、ボーっとしてたら、後ろからクラクションならされるからなぁ~(^^;)

★ナナのママさんへ

ボス、確かに挟まっているかも知れません。
それも逆に快適?なのかもw
無駄に長い赤信号って、みんな黙って停止しているんですけど、世界が全部停止しているみたいに思えますね。
何のために私たちは止まっているんだろう(・ω・;)・・・って雰囲気になります。

ぼす~

うわはぁ~!
ボス!すげぇ!かっこいい!
ブランデーグラスが似合うです。

★ゆさんへ

ブランデーグラスですかw
だんだんルビーのイメージがどっち方向に行っているのかわからなくなってきました(・∀・;)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ブログのトップページ | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。